色打掛レンタルについて

色打掛レンタルについて

結婚式の衣装というと、一番に思い浮かぶのはウエディングドレスでしょう。もちろんウエディングドレスもステキですが、日本人ならば和装も選択肢に入ります。和装はご両親やおじいさまやおばあさまにも、よろこばれます。和装を選ぶのは親孝行でもあります。
 
  • 今回は【花嫁衣装のレンタルでも人気の色打掛】について掘り起こしてみましょう。
 
正礼装は「白無垢」ですが、華やかなイメージが好きならば、色打掛もお勧めできます。色打掛は和装結婚式の式服の中でも「白無垢」と同等の格式の高さがあります。もともと一般人の花嫁衣装だったのは引き振袖でした。そして武家の花嫁の正礼装が色打掛だったのです。
 
豪華で重厚感があるのが色打掛のポイントです。目を惹かれるのは華やかな柄だからです。色打掛の着物そのものの重さがありますから、動きにくいデメリットがあります。ですが、結婚式でしか着ることができない稀少価値があるので人気なのです。近頃はウエディングフォトで撮影されるケースも多いです。
 
★☆★ 華やかさが魅力の色打掛の模様 ★☆★
 
色打掛は豪華で厚みがあります。花嫁さまだけが着用できる特別感がありワクワクします。色打掛の柄で最も目立つ部分は背中の帯に該当する部分です。だからデザインも背中に派手目な模様が施されているものが多いです。主な人気の模様をご紹介しておきましょう。
 
■吉祥霞花車文
手書き友禅で作られた傑作が多いです。鮮やかで深い色合い。「満ち足りて豊」を表す爛漫の花車をあしらったデザインがステキです。じっくりと見るとわかるのですが、ひとつひとつの花びらのぼかしまで繊細に色を入れています。
 
■手織桃山花比べ
唐織りの色打掛がありました。高度に洗練された技巧が光ります。桃山時代の絢爛な彩りがステキです。柄は能装束などで用いられたモチーフです。色取りの配置によって格調高く仕上がっているものが多いです。
 
■鶴
「鶴は千年、亀は万年」とことわざがあります。長生きをする象徴です。一生涯つがいの状態で生活するのです。夫婦仲難しくというメッセージが込められています。
 
■貝桶
 「貝合わせ」という遊びの道具のことですが、江戸時代に爆発的に流行しました。バラバラにした蛤の貝殻の中から一対になっている貝殻を選ぶ……これが運命の相手に巡り会えた花嫁になぞらえているのです。
 
■鳳凰
鳳凰は中国で古くから伝わっている伝説の生き物です。平安な治世や優れた知性を持っている人が生まれると姿を現します。五色に輝く霊鳥です。これをモチーフにしたデザインは飛鳥時代から用いられています。華麗で格調高い紋様のひとつでしょう。
 
■松竹梅
慶事の象徴が松竹梅です。松は四季を通じて緑が美しいです。竹は、青々とまっすぐに伸びます。梅は寒さの中からいち早く花を咲かせます。この3種類をバランスよくデザインされた色打掛がステキです。
 
■檜扇
先端が広がった形から将来の展望が広いことを暗示しています。雅な美的センスがいいです。平安時代のお姫様が身につけたと言われる檜の薄板で作られた扇。それをモチーフにしてデザインされています。
 
■丸文
円は縁に繋がるのです。だから、ご縁の意味を込めて花嫁衣装のモチーフに使われることが多いです。円の形は無限を表しますので、とっても縁起がいいです。鏡や花と合わせると豪華になってくれます。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋